結婚式の二次会の幹事の代行依頼をした場合、会費はどれくらいになりますか

結婚式の二次会の幹事代行

たくさん並べられたプレゼントの箱

二次会の幹事代行とは

まず、二次会の幹事代行とはどんなものでしょう。まだあまり一般的ではありませんが、二次会の幹事を代行してくれる業者のことを言います。

会場選びをはじめとして、参加者への招待メール送付やゲームの景品手配、当日の司会など、二次会幹事の仕事を業者に代行してもらうのです。

業者はプロですから、演出や進行に慣れていて、スムーズでスタイリッシュな二次会の進行が期待できます。

二次会の幹事代行の料金

気になる二次会の幹事代行の料金ですが、基本料金とプラン料金に分けることができます。基本料金は代行費用として代行業者に支払うもので、7~8万円程度が相場とされています。

一方プラン料金は幹事が行うべき業務に対する料金です。たとえば「会場提案」「専属プランナー」「プログラム制作」「プロ司会者派遣」「音響・BGM制作」「ゲーム景品」「案内メール制作」「ウェルカムボード制作」「受付スタッフ派遣」「荷物運搬」などが考えられます。

これらを含んだプラン料金は4万円程度が相場のようです。

一人あたりの会費は

上記のような費用を踏まえ、参加者一人当たりの会費はいくらくらいになるでしょうか。たとえばある業者の場合、サービス料が一人当たり3000円ほどかかります。

そこに飲食代を含む会場費が5000円程度です。合計8000円ほどとなり、参加者100人だったと仮定して基本料金も会費に含まれるとすれば、一人当たりの会費は1万円近くになってしまい、二次会の会費としてはやや高いでしょうか。

一般的には、基本料金は新郎新婦が負担するという場合が多いようです。

二次会の幹事代行の評判は

このように、基本料金を新郎新婦が負担が負担してもやや高い会費になりがちな幹事代行ですが、評価は比較的高いようです。

それは素人の進行よりも、スムーズかつスタイリッシュで、会場の盛り上げ方が上手だからという理由からです。新郎新婦からすれば、友人に幹事を頼んだとしても、お礼をしたり、会費を免除したりすることになるので同じような費用を負担することになります。

参加者に満足してもらえるなら一度検討してみてはいかがでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ