こんな二次会は行きたくない!とゲストに思わせないためにはどうすればいいでしょう?

こんな二次会行きたくない!と思わせないための心がけとは

いくら主役は新郎新婦とはいえ、せっかく二次会を開くのですからゲストにも喜んで欲しいですよね。では行きたくない!とゲストに思わせないためにはどうすればいいのでしょう。

考え込む女性

いろんなゲストがいることを忘れずに

「二次会を企画する」というと、二次会だけを切り取って、予算や内容などを考えてしまいがちです。結婚式や披露宴よりは開催時間も遅くなりますし、よりカジュアルな雰囲気で盛り上がるような、楽しい企画を考えたりするでしょう。

ここで忘れてはいけないのは、二次会に出席するゲストは色々なパターンがあります。二次会だけ出席するゲストももちろんいますが、その日の朝から結婚式・披露宴と全部出席しているゲストもいるのです。

慣れないパーティドレスを着て、ヒールを履いて、結婚式・披露宴・二次会と続けて出席することはとても疲れます。結婚式・披露宴と続けて出席して疲れているところに、椅子が全部取り払ってあり全く座れない立食パーティーのスタイルは厳しいです。

行きたくないと思わせてしまいます。主役の新郎新婦を思うあまり、ゲストへの思いやりを忘れてはいけません。

食事は基本です

二次会というとビンゴなど盛り上がる内容を企画することを重視しがちですが、食事は基本中の基本、ここをおろそかにしてはいけません。

幹事など企画する立場となると、経費を抑えようと食事を軽視することもあります。二次会は開催の時間帯が夜なことが多いですから、当然食事はできるものとゲストは思っています。

そこに軽食程度の少ないメニュー、それもブッフェスタイルでの提供となると、最悪のパターンです。適齢期の新郎新婦のゲストなら、まだまだ食べ盛りの方が多いはず。食事の奪い合いになってしまいます。

知らない誰かが置いた皿から食べ残しをさらう、そんなみじめな事態になったら目も当てられません。いくら盛り上がる企画を色々考えても、少ない食事はそれを台無しにしてしまいます。

まとめ

二次会に出席するゲストの中には、1日新郎新婦にお付き合いして疲れているゲストもいます。ますます疲れさせる立食は避け、十分な量の食事を用意し、ブッフェではなく席ごとに提供してあげましょう。

そうすれば、行きたくない!とは思わせずに済みますよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ