二次会のゲームの景品選びには?

結婚式の2次会は定例化してしまい、なくてはならないものになりましたよね。先輩、友人から幹事をお願いされたら、嫌とは言いにくいですよね。

あまり人前で話すのが苦手な私が、経験しました先輩の結婚式の幹事についてご報告します。話すのが苦手な私でも何とかやりましたので皆さん必ずできますのでぜひ読んでくださいね。

沢山用意された景品

1.二次会会場の予約

結婚式の2次会の幹事を仰せつかりました。先輩の結婚式の2次会で、場所については新郎である先輩が予約をしてくれました。

披露宴の場所の近くで予約をされて料理その他内容は決めていただいたのでそれに沿ってあとは私が準備をしました。

2.景品及び小道具の準備

2次会でゲームを企画しました。

何組かのカップルに、前に出てもらって新聞紙の上でクイズに答えてもらって、不正解すると新聞紙を半分に折り曲げてカップルのいる場所がだんだん狭くなり最後は抱っこして終わると言うゲームです。

ビールをストローで二人で飲むゲーム

ビンゴゲーム

この3つのゲームを考えました。

準備をした道具として、クリスマスで使用するクラッカー、新聞紙、ストロー、クラクションと、景品として、石鹸(参加賞)、シャンプー(優勝者)、おもちゃ(2000円程度のもの4点)という感じで全部で13,000円程度となりました。

3.費用

2次会費用としては、5000円で先に集めて、飲み屋さんの貸切費用としてと景品に当てました。ぎりぎりでしたが足も出ませんでした。

新郎が「足りなければ言え」言われましたが、なんとかトントンにおさめられて良かったです。

4.いざ本番2次会の開始

2次会で司会もやりました。これがかなりネックだったんですが、自分なりにうまくいきました。やはりみんなお酒が入っているので皆さんのりがいいーあまり説明しなくても主旨を理解していただいてゲームもスムーズに進み終わりました。

特に新聞紙ゲームは、抱っこまでして奮闘してもらいかなり盛り上がりました。最後のビンゴも盛り上がりうまく終わってよかったです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ