二次会の会費を7000円位とするのは高いのでしょうか。

2次会の予算とお店の決め方

『Budget』

1.はじめに

二次会の予算って結構悩みますよね。私も何度も飲み会の幹事になったことがありますが、二次会のセッティングは非常に悩みます。

特に、予算ですね。高いのもよくないし、安すぎて雰囲気を壊してもよくないし。そんな二次会の予算についてお伝えします。

2.二次会の目的

そもそも二次会ってなぜするんでしょうか。あまり考えたことないですよね。一次会の飲み見直し?一次会の2回戦?そのような場合もありますね。

ただ、多くの場合は、一次会は挨拶代わり・盛り上がるため、二次会はもうちょっと深く話したい。集まったメンバーで込み合った話がしたい。

そんな場合に使うことが多いのではないでしょうか。

3.二次会の予算について

二次会の予算は、二次会の目的と集まった(予定の)メンバーで考えましょう。若手のメンバーであれば、一次会と同じような場所でもいいかもしれません。

一次会の雰囲気を壊さずして、二次会に入れることができますので。ただ、中堅クラス(会社だと部長など役付きの方)の方がメンバーになったり、お客様との接待などであれば、それなりのお店を確保する必要があります。

このような場合、二次会が「本当の」飲み会になります。

4.結論

結論から言えば、メンバーと場所柄、目的による。としか言えませんね。接待を含めた二次会であれば、キャバクラなども対象となるため、7000円位はかかります。

また、銀座や六本木などの高級バーやクラブを利用する場合、1人7000円では予算が足りないでしょう。幹事の立場を利用して、上司に気に入ってもらいたいなど目的があるならば、それなりのお店を用意することで、目的を達成できるかもしれません。

幹事の方は、一次会と二次会の目的やメンバーを把握したうえで、それぞれに合ったお店選びをすることが求められます。お店が決まれば、予算を決めることができます。

二次会については、くれぐれも予算からお店を決めないようにしましょう。あくまで、二次会の目的が重要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ